AKATSUKI NEWS VOL.007

発行日:2021年7月12日


第6号の発行から既にけっこうな時間が経っている。

そろそろ次のミッションが来てもおかしくはない時間帯だ。

前号もそうだったが、いきなり言ってきて「すぐ作れ! 今作れ! 今日中に作れ!!」と〇〇〇のおかしい言葉を放ち続ける某I社長。。。

ちょっと先にジャブでも打っておくか。

「そろそろ次の号のアイデア考えといてくださいよ~!」

「そうなんだよね~。もうひと月以上経ってんだよね。もうアイデア尽きちゃったな。いいの出たらまた相談させてもらうわ」

そんなやり取りがあったのが6月のことだったか。


「あれっ!? そう言えばもう今日で7月も第2週が終わるけどまだ何も言ってこないな。いいの無いのかな。まっいっか! それは向こうの事情、こっちには関係のない話だもんね!! 今週も無事終わりそうだな、I社長が静かだと平和だな~」

~(○´∇`*)σ

と独りごちていた、週末の足音が近づく金曜の昼下がり。



悪魔は突然忍び寄る。。。

(⃔ *`꒳´ * )⃕↝

「ちょっといいかな? 暁ニュースのネタの件で」

「はい?(へっ!? 今ごろこんな時間に!? まぁいいか、週末ゆっくり構成でも考えるか)」

「今回は初心に戻ろうと思う。なぜ暁は安くできるのか!」

「それって前回やりましたよね?」

「そうなんだけど、あれって自分達のように分かってる人間はすぐに分かるんだけど、そうでない初めての人にとってはすんなりと入っていかないんだよなぁ。意外に話が噛み合わなかったりするし」

「へぇ~、そうなんですね」

「というわけでヨロシク!」

「了解です。ら」(い週試作品つくってみますね)と言うのを遮られて

「17時にはできるかな?」

「。。。」


はぁ~!?

うっせえ、うっせえ、うっせえわ!

あなたが思うより大変です!!

凸(`-´O 


一部変更されたAdoの歌詞が頭の中を駆け巡った。。。

ただいまの時刻16時過ぎ。

17時まで1時間弱。

この1時間で何をしろと?

どういったデザイン、レイアウトにするのか?

どんな素材を使うのか?

キャッチコピーはどうするのか?

色の組合せは?


普通に考えてできるわきゃないでしょ!!

〇〇〇おかしいんじゃないの!?

自分でやったことがない人は、さも簡単にできるように命令をする。

ドラえもんじゃないんだから。


あれっ!?

目がおかしいのかな?

この全体に丸みを帯びたシルエットは?

まさかこの世に存在するとは。神様ありがとう!


助けてドラえも~ん!!

((≡ ̄♀ ̄≡))


と思ったら社長だった。。。

_| ̄|○


はいはい、やりますよ、やればいいんでしょ。

でも何事も限界があるのは理解しましょうよ、もういい歳した大人なんだから。


一応以前頭の中で比較用に考えた構成があるにはあるんだよね。

前号で使った暁と鋼管の素材をもう一度キレイに作り直してっと。

並べれば分かりやすいか。

鋼管の断面図もあった方がいいね。

デザインやレイアウトは昔のを引き伸ばして使い回し。

キャラクターはもちろん牛と小鳥の使い回し。

使い回しこそがプロの技!

頭を使うな。使うと殺意が湧いてくる。

貼り絵だ、ただの貼り絵だと思え。


17時半過ぎ。

「はい、どうぞ」

「おっ、いいんじゃない!」

「(さいでっか。どーでも)いいっすね。」


そんなこんなでとりあえずのモノが出来上がった第7号。

明けて月曜日。

始業前にも関わらずHさんがグイグイとやってきた。

「Tさん、暁ニュースいつできます?」

「I社長の最終チェック待ちです」

『今日中』に発送したいのでよろしくお願いします」

お~っと、よもやよもやの攻撃だ!

社長のケツを叩かねばならぬ。

今日も戦いは続く。。。


(デザイン担当:T)


AKATSUKI-NEWS-VOL.007




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

AKATSUKI NEWS VOL.006