SDGs カラーホイール 株式会社SGLは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
  1. トップページ
  2. 製品紹介
  3. 礎工法
礎工法

礎工法ISHIZUE

鋼管新時代の幕開け

ISHIZUE

undefined

01破壊的イノベーション

イノベーション01

テーパー形状を用いて貫入性に特化

「先端翼=溶接で作る」という常識を払拭。鋳物とすることで「先端翼のテーパー形状」を可能に。(t21>t22
従来の先端翼部分の均一な厚みは過剰設計。テーパー形状で無駄な重量(=コスト)を削ぎ落とす。

  • 先端翼のテーパー形状のイメージ写真1
  • 先端翼のテーパー形状のイメージ写真2

イノベーション02

590N/mm2
高張力鋼管

礎工法は590N/㎟級の高張力鋼管HU590の使用が可能。高張力鋼管は鋼管杭の厚み(t)をより薄くできるので、重量減による材料コスト削減効果が絶大。
さらに現場での溶接継手や機械式継手を使用することにより上杭・中杭・下杭まですべてをHU590鋼管で一本化できる。

イノベーション03

疑似螺旋構造

2枚の先端翼の交点をずらし疑似螺旋構造を創出。
抜群の貫入性は高い施工性を誇り、圧倒的な工期短縮を実現。

先端翼の交差部分のイメージ図

イノベーション04

経済設計

地盤に合わせて、最適な鋼管と先端翼の組合せを選ぶことで経済的な設計が可能に。

杭軸 D 杭厚 t1 翼径 Dw 翼厚
テーパー形状
t21 → t22
φ 101.6 4 250 12 → 8
φ 114.3 5 300 14 → 8
φ 139.8 6.6 350 16 → 8
φ 165.2 11 500 30 → 12
φ 190.7 11 550 32 → 15
φ 216.3 15 550 28 → 15
16 650 38 → 15
φ 267.4 17 700 36 → 15
18 800 50 → 18
φ 318.5 15 650 28 → 16
19 800 40 → 16
φ 355.6 18 750 32 → 20
20 900 50 → 20
φ 406.4 20 850 36 → 22
21 1000 55 → 22
φ 457.2 22 950 40 → 25
25 1150 60 → 25

先端部サイズ(㎜)
杭径はφ101.6~φ457.2、翼径は250 ~1,150mmと広範に取り揃えており、多種多様な設計条件に対応します。

02杭姿

  • 杭姿の写真1
  • 杭姿の写真2
  • 杭姿の写真3

断面写真

  • 杭姿の断面写真1
  • 杭姿の断面写真2
  • 杭姿の断面写真3
  • 杭姿の断面写真4
  • 杭姿の断面写真5
  • 杭姿の断面写真6

03適用範囲

支持地盤 砂質地盤・礫質地盤・粘土質地盤
最大施工深さ 砂質地盤・礫質地盤 : 130D
粘土質地盤 : 130D(ただしφ457.2は58mまで)
[ 引抜き ]
最小杭長
2.7mと7Dwの大きい方
適用する
建築物の規模
延床面積の合計が500,000㎡以下

04押込み支持力(国土交通大臣認定:申請中)

地盤から決まる押込み方向の許容支持力の算出式

地盤から決まる押込み方向の許容支持力の算出式と図

地盤から決まる押込み方向の長期許容支持力早見表

杭径
D(㎜)
翼径
Dw(㎜)
杭先端より下方に1Dw、上方に1Dwの範囲の平均N値
5 10 15 20 25 30 35 40 45 50
101.6 250 12 24 36 48 60 72
114.3 300 16 33 50 67 84 101
139.8 350 23 46 70 93 116 140 163
165.2 500 45 90 135 180 225 270 315 360 405 451
190.7 550 55 110 165 221 276 331 386 442 497 552
216.3 550 57 114 172 229 287 344 402 459 517 574
650 76 152 229 305 381 458 534 610 687 763
267.4 700 92 184 276 368 460 552 645 737 829 921
800 115 231 347 463 579 694 810 926 1042 1158
318.5 650 87 175 263 351 438 526 614 702 790 877
800 122 244 366 488 610 732 854 976 1098 1220
355.6 750 115 230 345 460 575 690 805 920 1035 1150
900 154 308 462 616 770 924 1078 1232 1386 1540
406.4 850 148 296 445 593 741 890 1038 1186 1335 1483
1000 192 384 576 768 960 1152 1344 1536 1728 1921
457.2 950 185 371 557 743 929 1115 1301 1487 1673 1859
1150 252 504 756 1008 1260 1512 1764 2016 2268 2521

※地盤から決まる許容鉛直支持力の算出は小数点以下は切捨て表示

【単位:kN/本】

05引抜き支持力(建築技術性能証明:申請中)

地盤から決まる引抜き方向の短期許容支持力の算出式

地盤から決まる引抜き方向の短期許容支持力の算出式と図

地盤から決まる引抜き方向の短期許容支持力早見表

杭径
D(㎜)
翼径
Dw(㎜)
杭先端より上方に3Dwの範囲の平均N値
5 10 15 20 25 30 35 40 45 50
101.6 250 8 16 24 32 40 49
114.3 300 12 24 36 48 60 72
139.8 350 16 32 48 64 80 97 113
165.2 500 34 69 104 139 174 209 244 279
190.7 550 41 83 125 167 209 250 292 334 376 418
216.3 550 40 80 120 160 200 241 281 321 361 401
650 59 118 177 236 295 354 413 472 531
267.4 700 65 131 197 262 328 394 460 525 591 657
800 89 178 267 357 446 535 625 714 803 892
318.5 650 50 100 151 201 252 302 353 403 453 504
800 84 169 253 338 422 507 592 676 761 845
355.6 750 68 136 205 273 342 410 479 547 616 684
900 107 214 322 429 536 644 751 858 966 1073
406.4 850 87 175 262 350 437 525 612 700 787 875
1000 131 262 393 524 655 786 917 1049 1180 1311
457.2 950 108 217 326 435 544 653 762 871 980 1089
1150 174 349 524 699 874 1049 1224 1399 1574 1749

※地盤から決まる許容鉛直支持力の算出は小数点以下は切捨て表示

【単位:kN/本】

※杭の有効重量は含めず

06打ち止め管理

礎工法は工法管理者のもとで以下のように [ トルク管理 ] または [ 深度管理 ] を行います。

トルク管理と深度管理の施工完了までの図

07鋼管ねじり強度

  • STK490
    杭軸径
    (㎜)
    杭軸厚
    (㎜)
    短期ねじり強度
    (kN・m)
    φ216.3 8.2 100
    12.7 146
    φ267.4 8.0 154
    12.7 231
    φ318.5 9.5 259
    12.7 336
    φ355.6 9.5 326
    12.7 424
    φ406.4 9.5 431
    12.7 562
    φ457.2 9.5 549
    12.7 719
  • HU590
    杭軸径
    (㎜)
    杭軸厚
    (㎜)
    短期ねじり強度
    (kN・m)
    φ216.3 6.5 110
    12.0 189
    φ267.4 7.001 184
    12.0 298
    φ318.5 7.0 265
    13.0 465
    φ355.6 7.0 332
    13.0 587
    φ406.4 8.0 496
    14.0 831
    φ457.2 8.6 677
    15.0 1133

    ※小数点以下は切捨て表示

08杭芯間隔及びへりあき例

杭芯間隔とへりあきのイメージ図

09杭頭部の接合例

杭頭部の接合例 埋め込み方式と主筋定着方式のイメージ図

10資料ダウンロード

関連記事

お問い合わせContact

お気軽に

お問い合わせ

ください。

電話でお問い合わせ

092-260-9026

受付時間 9:00-18:00( 土・日・祝日除く )

メールでお問い合わせ

メールフォーム